レーザ加工技術

レーザ加工の特長

レーザ加工は小型なマーキング装置から大型な溶接機や切断機まで、
レーザ加工の特長が活かされてはじめて生産ラインに導入される。
ここでは、生産機としてのレーザ加工の特長をみていく。

  1. 非接触加工である。
    レーザ加工では機械的な接触を一切行わないため、機械的な摩擦や摩耗が無く、
    加工における消耗がないため安定した品質を維持しつつ加工を行うことができる。
  2. 自動化が容易である。
    制御プログラムにより加工から加工管理までオートメーション化が可能である。
  3. ドライプロセスである。
    ウォータージェットやダイサーのように加工を行う際に水を使用することなく加工を行うことができる。
  4. 微細な加工が可能である。
    レーザ光は光学レンズで小さく絞ることができるため機械加工ではできない
    微細な加工を高速に行うことができる。
  5. 加工タクトが速い。
    レーザ発振器、光学系、周辺機器の個々の選択に幅があり、幅広く加工に対応することができる。
    そのため、レーザ加工により既存の加工タクトを大きく改善することができる。
pagetop